つむじ部分からの臭いを消すには?

梅雨時や猛暑が続く夏の季節は、特に頭皮の臭いがとても気になってくることでしょう。
毎日シャンプーをしていたとしても、その効果は、夕方まで持たずに、何やら頭皮全体的にベトベトとなって、嫌な臭いも放すようになってきます。

 

試しに指で地肌を擦り、臭いを嗅いでみて下さい。

 

もし臭ッ!と鼻をつくようであれば、それは頭皮が臭いを発していることになりますね。
つむじ部分からの臭いを抑えるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ここでは、頭皮の臭いを抑える方法について紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

つむじ部分から臭うのはなぜ?

頭皮は皮脂腺が多い場所で、皮脂や汗を好物としている常在菌が、それらを分解する際にガスを発生させます。そのガスが頭皮の臭いの原因なのです!

 

冬場でも乾燥と低温により皮脂が毛穴に溜まりやすくなるので、頭皮の臭いの原因となります。

 

洗浄力の強いシャンプーは皮脂までも洗い流したり、頭皮を傷つけることもあり、それが炎症の発生やアトピーの原因になることもあります!
誤ったシャンプー使用が原因で臭うこともあるので、頭皮に優しい天然成分を配合した薬用シャンプーを使うことをオススメします。

 

 

頭皮の臭いを抑えるには?

頭皮の臭いを抑えるのに効果的なのが、スプレータイプのヘアコロンなのです。
ただスプレーの消臭は一時的なものですから、常に頭皮を清潔に保つように気を付けなければなりません。

 

とはいえ、シャンプーをし過ぎるのは返ってよくないには周知の通りです。
皮膚の常在菌は賢く皮膚を守っているので、適度に皮膚に常在菌が存在しないと、皮膚が荒れて脂漏性皮膚炎などの皮膚病の原因になる可能性があります。

 

ミョウバンスプレーがオススメ?

汗をかいたならすぐに拭き取ることも大切ですが、猛暑の日は起きているだけで多量の汗がかく日が多いですよね?
そんな時には頭皮の臭いを抑えるスプレーを使って下さい。一時しのぎにはなり、その効果はかなりのものになるはずです。

 

特に夏場においては制汗剤がよく使用されるのですが、それと同じ感覚で頭皮の臭いを抑えるスプレーも必須でしょう。
でも、頭皮用スプレーなんてあまり販売されていませんよね?

 

それは頭皮の臭いへの消臭効果が得られにくいから商品化ができないからです。

 

ミョウバンスプレーというものがあります。デリケートゾーンを除く全身や枕、洋服にも使えるので、安心して使えます。
頭皮に噴霧する場合は、なるべく頭皮全体に5〜10プッシュほど、しかも洗い流す必要はありません。
ずっと使うというより、接待や面接、営業交渉など、様々なシーンにおいて頭皮の臭いを気付かれたくない時に使うことをオススメします。

 

そもそもミョウバンスプレーは頭皮に特化した商品ではいので、もし肌に合わない場合はすぐに使用を中止にして下さい。

 

 

薬用シャンプーで頭皮の臭い防止

脂漏性皮膚炎の原因となる真菌を殺菌するために開発されたシャンプーがあります。
頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、フケや皮脂をエサにしてマラセチアという菌が繁殖し、その結果、頭皮の臭いを放すようになります。

 

マラセチアをやっつける日本初の薬用シャンプーがあるのです。
それがコラージュフルフルシャンプー
有効成分ミコナゾール硝酸塩がカビの増殖を抑え、フケやかゆみはもちろん、頭皮の臭いを防いでくれます。

 

日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合