間違った頭皮ケアでつむじが薄くなる!?

間違った頭皮ケアでつむじが薄くなる!?

シャンプーを正しく使えている人はどれくらいいるのでしょうか?
1日に何回も洗髪している人がいると良く聞くけど、それって正しいの?

 

管理人は、そんな知識なんて皆無でした。
今思うと、頭皮に優しくないシャンプーをしていたんだなと思います。

 

スポンサーリンク

間違った頭皮ケアでつむじが薄くなる!?

次のような頭皮ケアをされていませんか?

つむじ,薄い,ハゲ,原因,頭皮ケア朝シャンしてる!
つむじ,薄い,ハゲ,原因,頭皮ケア毎日ブラッシングしてる!
つむじ,薄い,ハゲ,原因,頭皮ケアシャンプーは頭皮の上で泡立てる!
つむじ,薄い,ハゲ,原因,頭皮ケア頭皮の汚れをこすって洗ってる!

 

朝シャンは一時的に流行ってましたね〜!
管理人はズボラなので、朝シャンなんてしませんでした。
ただ頭皮の上で泡立てたり、汚れを思いっきりゴシゴシとこすってました。

 

いずれにせよ上記の頭皮ケアを習慣にしている人は、そう遠くない未来につむじが薄くなってくる可能性が高まるかもしれません。

 

 

頭皮は意外とデリケート?

普通、頭皮にはいろいろな汚れが付着していると思います。
脂ギッシュな人に見られる頭皮の皮脂でベタついてたり、多量のフケがあったりと頭皮は汚れやすいものだと思い込むでしょう。

 

朝シャンの普及により、清潔志向が高まって「頭皮が汚れやすいから、しっかり洗洗わなきゃ!」という思い込みが定着していったんだと思います。
だから、そんな汚れを落とすために男らしくゴシゴシとこすって洗い流す人も多いはずです。

 

しかし、力強く洗うのは頭皮にとって優しいのでしょうか?
よく考えてみると分かるのですが、頭皮は顔も首も胸も身体も、同じ一枚の皮膚で覆われています。

 

頭皮は顔と同じデリケートな皮膚なのに、洗髪時にゴシゴシとこすってしまったら頭皮トラブルや髪質などの悩みが出てくるでしょう。
間違った頭皮ケアが、つむじが薄くなってハゲたり、フケやかゆみ、頭皮のベタつきなどを引き起こす要因でもあるのです。

 

シャンプーや頭皮マッサージなどで頭皮を力強くこすると、頭皮の一番上にある角質層は大きなダメージを受けてしまいます。
摩擦によって、この角質層が剥がれ落ちて層の厚みが薄くなってきます。

間違った頭皮ケアでつむじが薄くなる!?

さらに細胞の生まれ変わりを促す皮膚のターンオーバーのリズムも崩れてしまうので、どうしても未熟で保湿力の弱い角質の細胞が出てきます。
そんな状態に陥ると、頭皮のキメが失われ乾燥しやすくのです。

 

それが毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂が頭皮全体に行き渡らないので、毛穴に皮脂が溜まりべたつくわけですね。

 

本来、健康な皮膚を保つには角質層が自然に剥がれ落ちるのを待つことです。

 

ですので、頭皮の汚れを落とすのに懸命になる必要はありません。
ゴシゴシと洗うのも頭皮マッサージも、やみくもに力を入れなくてもいいのです。

 

シャンプーを直接頭皮につけてから泡立てるというのは、結局頭皮をこすってしまいます。
ですから、ネットやスポンジなどで泡立て、その泡を頭皮に密着させればOK!
泡が頭皮の汚れをキューンと吸着してくれるので、こする必要なんてありませんから。

 

あなたの行なっている頭皮ケア、間違っていませんか?
自分で気づかいないうちに角質層にダメージを与えているかもしれません。

 

頭皮の角質層のためにも、今一度見直しを…!

 

スポンサーリンク