つむじハゲ対策になるミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルの副作用は?

つむじハゲや生え際の発毛に効果を発揮する育毛剤であることが分かった。
けど、ミノキシジルの副作用が怖い!とネット上でいろいろと騒いでいますよね?

 

確かにフィナステリドに比べ服用の際に副作用があったという報告が出ています。
本来、血圧計降下剤として開発されたものですから、その副作用として発毛作用が確認されるほど強力な治療薬であることが分かります。

 

だから、医師の指示が必要なんですね。

 

もし、自己判断で内服したら…?と思うと、ミノキシジルの副作用が気がかりで手が出せないと思うのは無理もありません。
それがネット上でいろいろな噂が出回っているのです。

 

スポンサーリンク

ミノキシジルの副作用とは?

血圧降下剤として使われる薬ですが、だからといって血圧が下げるようなことはありません。
もし高血圧症があって血圧を下げたほうが良いとするならば、医師の指示の下で1日10mgのミノキシジルを服用することになります。

 

つむじハゲ対策が目的であれば、1日4mg用量が基本なので血圧降下作用は見られにくいとされています。

 

さて、ミノキシジル内服の副作用ですが、考えられるのは次の通り。

 

一時的に体毛全体が濃くなる。
軽度の心拍数の上昇が見られる。
軽度の体のむくみ等が見られる。

※もし上記のような症状が出たらすぐに医師に相談しましょう!

 

また、ミノキシジル服用NGな人は次の通り。

 

ミノキシジルに対するアレルギーのある方
心臓・腎臓・肝機能に障害のある方、人工透析を受けている方
未成年者や妊娠中・授乳中の女性の方
高齢者、高血圧・低血圧の症状が見られる方、不安定な狭心症や最近狭心症になったばかりの方

※他の病院などで薬を処方されている場合、全ての服用薬を医師に相談しましょう!

 

管理人は、銀クリでの無料カウンセリングでAGA治療薬の副作用について説明を受けました。
カウンセラーいわく、「2種類の副作用は1%ほどですが、基本的にあまり気にしなくても大丈夫」とのこと。
ネット上で副作用について取り上げているのは、「副作用を調べて心配した挙句に、ホントに副作用が起きることがある」んだそうです。

 

ですから、”副作用が生じるかも?”と変に心配するよりも、”絶対に生えてやるぞ!”という思いを念じながら服用したほうがいいのです。
※詳しくは「銀クリで無料カウンセリングを受けて」の記事へ。

 

スポンサーリンク

 

ミノキシジルの効果を発揮できるように

ミノキシジルを服用するからには、正しい服用法を守ること、そして、ミノキシジルの効果を思う存分発揮できるように生活習慣を見直すことに気をつけました。

 

正しい服用法というのは、食前・食後は特にこだわらず、なるべく決まった時間帯(就寝1時間前など)に服用することです。
管理人は就寝前に服用していこうと思います。

 

一方、生活習慣の見直しに関しては、バランスの取れた食事を摂る、睡眠をしっかり摂る、適度な運動、といった習慣ですね。
タバコはきっぱり止めました!

 

でもアルコールだけは止められないので、飲み過ぎないように十分に気をつけていこうと思います。
ただアルコールを摂取する直前・直後の服用はNGとなっているので、必ず2,3時間空けて服用するか、もしくは翌朝に服用します。

 

※追記※(2015年9月時点)
ミノキシジルを服用して早くも1年過ぎましたが、特に副作用らしき症状はありませんでした。
正しい服用法を守る、規則正しい生活を送る、そして、毎回診察時に体調をきちんと報告する、これらを意識していれば副作用の心配はないかなと思います。

 

確かに服用開始してから1,2ヶ月間は抜け毛がいつも以上に増えてきました。
でも、それは副作用によるものではなく、休止期の古い髪の毛が抜け落ちるだけなので心配はありません。
ミノキシジルで新しい髪の毛を生やし、フィナステリドで抜け毛を防止しつつ髪を太く長く成長してくれるので、ご安心を!
抜け毛が通常よりも増えてあったほうが、つむじハゲ改善へのサインなんだと思ってくださいね。

 

スポンサーリンク