男性ホルモンの過剰分泌がつむじハゲに?

つむじハゲの直接的な原因は、男性ホルモンにはありません。
ただ、もとより男性ホルモンの分泌が多い男性は、男性ホルモンの中のテストステロンが脱毛を引き起こす成分に変換しやすいので、つむじハゲになりやすいと言えるでしょう。

 

では、つむじハゲ対策にはどうしたらよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

男性ホルモンを健康的に保つために、健康的な日常生活を送り新陳代謝を活発にすることが大切です。

 

新陳代謝を活発に保つことで、頭皮環境も良くなり頭髪も健康で丈夫なまま維持することが出来るのです。

 

男性ホルモンも、抜け毛の原因となる物質へと変換することなく健康なままでいられますし、男性ホルモンが活発な方は年齢を重ねても疲れにくく、
若々しい体のままでいることが出来るのです。

 

男性ホルモンを脱毛効果のある物質へ変換させないことが、つむじハゲ対策として大切なことなのです。

 

特に良いと言われているものが、にんにくやショウガ、センブリ、ハチミツなどの食品を摂ることです。

 

これらの食品には血行促進や新陳代謝を活発にする効果があり、健康にとても良いと言われています。

 

他にも、大豆イソフラボンやビタミン関連をたくさん摂ることもオススメします。

 

健康的な食生活は体本来の健康だけではなく、頭髪の健康も促進してくれるのです。

 

あまりに過剰に男性ホルモンが分泌している場合は、男性ホルモンが変換されやすくつむじハゲの原因になってしまう可能性もありますが、健康的な食生活を行うことでつむじハゲは防ぐことが出来ます。

 

スポンサーリンク