生え際のニキビOK!の洗顔料は?

肌に菌や皮脂、汚れが毛穴を塞いでしまうことでできる生え際ニキビ。生え際ニキビが残っていると、いずれはM字ハゲへと進行していくかもしれません。
髪の後退を防ぐには、正しい洗顔を行うことです。

 

生え際にニキビがある時、どんな洗顔料を使っていますか?あまり刺激の強い洗顔料だと、生え際の髪の毛まで抜けてしまわないか…と不安が募ることもあるでしょう。

 

生え際の部分は皮脂腺が多く過剰に分泌されやすいです。脂性の人は生え際に脂でギトギトとテカりやすいのは皮脂腺が多いためです。
ニキビに効果的な洗顔料がありますが、肌に合わない洗顔料ばかり使うと、生え際ニキビが増発することだってあるのです!

 

ここでは、生え際ニキビに効果的な洗顔料について説明しています。

 

スポンサーリンク

生え際ニキビに良い洗顔料はどんな?

今お使いの洗顔料を使って、かつ、間違った洗顔方法を行なっていませんか?
間違っていると、ニキビがさらに悪化してしまうことも!酷い時はニキビ跡やシミになってしまうこともあるので慎重に洗顔料を選びたい所です。

 

では、どんな洗顔料を選ぶといいのでしょうか?

 

市販の洗顔料の中にはピーリング石鹸や脱脂力の強いクレンジングオイルなどがありますが、強い刺激性のものは肌の水分や皮脂分を過剰に取り除き、乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥が進んでしまった肌は、外部の刺激から肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌させます。この皮脂が菌にとって大好物なので、それを栄養にして増殖し炎症を起こします!

 

肌の保護機能に影響を与えない、低刺激の洗顔料を選んだほうが好都合なのです。
どの洗顔料が良いのか迷うのであれば、ニキビ用の洗顔石鹸を選ぶと失敗しないでしょう。

 

ただスクラブの入った洗顔料を使う場合は、思春期に見られるニキビのある人に適しているかもしれません。
というのも殺菌効果が高いので、大人の人が使うと肌が引っ張られてヒリヒリすることがあるからです。

 

口コミやトライアルキットなどを利用して自分にとって一番合う洗顔料を探すのもいいかもしれません。

 

 

正しい洗顔がニキビケアとなる

普通の洗顔では皮脂が落としきれないからと、手の平でゴシゴシと擦るように洗顔するのはNGです!確かに肌の汚れを落としてくれると思いますが、必要以上に皮脂を落としてしまうことになります。

 

洗顔したあとの肌が突っ張ったような感覚になったことはありませんか?あれは皮脂や水分を落としすぎている、というお肌からのサインです!

 

そんな状態になると、逆に皮脂が過剰に分泌され、生え際ニキビには逆効果です。つまり、適度な皮脂を残したほうが肌にとって好都合なわけです。
生え際ニキビの原因となる菌は、実は、普通の量であれば肌への保護役割を持っているのです。

 

やはり正しい洗顔方法が、重要で効果的なケアになると思います。

洗顔前にまず手を洗う!

洗顔の前に、まず手を洗っていますか?
手には生活の中で多くの雑菌が付着しています。
清潔じゃない手で顔を触ってしまっては顔に雑菌が移ってしまいます。

 

泡をしっかりと立てる!

よく泡立てた洗顔料で力を入れるのではなく円を描くように優しく洗うだけで十分です。
泡の細かい粒子が肌の汚れや皮脂をしっかり掻き出してくれるので、肌を清潔に保ててくれます。

 

30℃前後のぬるま湯で丁寧にすすぐ

熱すぎるお湯では肌の水分まで持って行ってしまいますし、冷たすぎても毛穴がキュっとしまって汚れを取り除くことはできません。
髪の生え際まで丁寧にすすぐことも忘れずに!

 

 

洗顔の回数は朝と夜に2回で十分です。
それ以上は肌の水分や皮脂を洗い流してしまい、肌のバリア効果まで失われてしまいます。

 

洗顔の後は、乾燥すると肌の皮膚が硬くなり、皮脂もたまりやすくなってしまいます。
そのため肌の水分が蒸発されないように、保湿効果の高い化粧水や乳液などを使いましょう!

 

洗顔後、清潔なタオルで優しく拭いた後の肌はとても乾燥しているので、化粧水や美容液で保湿しましょう。

 

化粧水や美容液のなかには、ニキビ対策のものもあるので、これらを使うのもいいですね。

 

スポンサーリンク