つむじにある湿疹やニキビを潰したらどうなる?

つむじとか頭皮に湿疹やニキビがあると気になって、思わずつぶしたくなりませんか?潰したい気持ちは分かりますが、絶対にNGです!

 

とはいえ、つい手で触りたくなってしまいますよね?強いかゆみがあると、髪や頭皮を無意識にいじったりすることがあるかと思います。
手や爪が清潔にしているつもりでも、手には目に見えないバイ菌がたくさんついています。
そんな手で湿疹やニキビを潰すとどうなるか、容易にイメージできると思います。

 

ここでは、頭皮の湿疹ニキビをつぶすのはNGなわけを説明しています。

 

スポンサーリンク

なぜ頭皮湿疹をつぶしてはダメか?

不潔な手には菌だらけなので、そんな手でつぶすとさら炎症を起こし悪化する恐れがあります!
また出し切れなかった膿が元となって湿疹やニキビが繰り返したり、強い圧を与えると肌がダメージを受け、色素沈着を起こしたりします。

 

場合によっては、大切な髪の毛も一緒に抜けてしまうこともあります。

 

確かにつぶすことで、一時的にニキビが治ったと感じるかもしれませんが、問題はその後です。ニキビや湿疹の再発や傷跡が残したりと、結局は症状を長引かせてしまう結果になりかねません。

 

頭皮の状態を自分では確認しずらく、見つけるのにも時間がかかります。頭皮は毎日のシャンプーやヘアケア剤によって刺激を常に受けやすい部位ですが、特に紫外線を浴びる時間が長い人は自然治癒に時間がかかってしまいます。

 

治すのが難しい場所だからこそ、自分の判断だけでつぶすなどの間違った処置は禁物です!

 

 

頭皮湿疹がある場合の洗髪方法は?

頭皮に湿疹やニキビをつぶしてはダメのは分かったけど、洗髪の際にはどうしたらいいのでしょうか?誤った方法で洗髪し続けると、湿疹やニキビが悪化することもあります。

 

湿疹に触れると痛みが伴うので慎重に洗いたい所ですね。基本は、正しい洗髪方法が頭皮湿疹の改善への近道になります。

 

正しい洗髪の方法は?

シャンプーですが、低刺激性の物を使用してください。オススメは持田製薬さんのコラージュフルフルネクストです。

 

洗髪方法のポイントは大きくわけて3点あります。

予備洗いをすること

予備洗いというのは、シャンプーをつける前にぬるま湯で汚れを落としておくことです。
毛穴を開き、皮脂汚れを浮かし取るためにも、36度〜37度程の、体温に近い温度がベストなのです!

 

この予備洗いだけで、実は、ホコリなどの汚れはほとんど落ちてしまいます。
長い髪毛をとかす時には、指で根本から毛先に向かって優しく梳かしましょう。

 

しっかり泡立てて優しく洗う

シャンプーは天然成分の低刺激なものを選びましょう。

 

そして、シャンプーをつける際は、直接頭皮につけるのではなく、手の平に出し、少しぬるま湯を加えてしっかり泡立てからつけます。
手のひらをくぼませて、空気を含ませるように泡立てると、フワフワした理想的な泡ができあがります。

 

その泡で汚れを吸い取るように、地肌にのせて、指の腹を使って優しく揉みこむように洗ってください。
爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけて炎症を悪化させてしまうので、絶対にNGです!

 

また、トリートメントなどは毛先を中心につけ、頭皮にはつけないようにしましょう。毛穴をふさぐ原因になってしまいます。

 

充分すすぎ乾燥させる

シャンプーなどの洗い残しは皮脂の詰まりの原因になるので、時間をかけてしっかりとすすぎます。
充分すぎるほど洗い流したら、タオルドライで髪を優しく乾かします。ゴシゴシこすると肌へ刺激を与えるので優しくマッサージをするような感覚で水分をとっていきます。

 

髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、雑菌の繁殖を促してしまうので、しっかりと乾かしてから寝るようにしてください。

 

 

これらの3点のポイントを心がけておけば、頭皮湿疹を悪化せずに改善することができると思います。

 

 

整髪剤は控える。枕など寝具は清潔に!

整髪剤が地肌に残ると毛穴を塞ぐ原因になるので、頭皮湿疹やニキビが残っている間は使用を控えてください。
そして、枕カバーなど寝具が頭皮に直接触れるものはできるだけ頻繁に洗濯すること!

 

紫外線をカットするために、外出時に日傘や帽子を使うことなどが上げられます。
すべてを取り入れるのは難しいかもしれませんが、気がついたものから実践していきましょう!

 

短時間で頭皮ニキビを治したいのであれば、専門医の皮膚科を尋ねたほうがいいでしょう。健康保険適応内で費用が安く済みます。

 

もし抗生剤入りの軟膏を処方してもらったら、入浴後、もしくは就寝前に塗布したほうがいいかもしれません。
人によっては、軟膏薬を朝に塗って紫外線に触れたりすると、ベタベタしてて気持ちが悪くなることも…。

 

スポンサーリンク