生え際がかゆいのはニキビのせい?前髪で隠してない?

前髪で生え際のニキビを隠していませんか?

 

確かに生え際やおでこにニキビができると、意外と目立つので、ついつい隠したくなりますね…。
この時についやりがちなのは、前髪で隠してしまうことです。ですが、この前髪で隠す行為は、生え際のニキビにとってあまりよくありません。

 

ここでは、なぜ前髪を下ろすのはNGなのかを説明しています。

 

スポンサーリンク

前髪が生え際ニキビを?

生え際は脂が出やすい部位ですので、過剰に分泌された皮脂や汚れなどで毛穴が詰まることでニキビが発生します。それだけなく前髪が刺激となって余計にニキビが悪化してしまうこともあります。

 

1日過ごしていると前髪は汚れてきます。それがおでこに触れて刺激となって皮脂を多く分泌してしまったり、炎症を起こすこともあります。

 

また生え際ニキビやM字ハゲを隠すために、前髪を下ろしていると通気性が悪くなり蒸れやすくなります。
そうなると温度や湿気が、前髪とおでこの間にこもってしまって、アクネ菌が繁殖しやすい状況を作ってしまうのです!

 

一度できてしまった生え際ニキビがあるのに、無理に前髪を下ろした状態にあると、余計にニキビが悪化することがあると覚えてください。

 

生え際のニキビを予防や悪化防止のためには、できるだけ前髪を挙げて、新鮮な空気が触れるようにすることです。
また、アクネ菌は太陽の可視光線によって死滅します。

 

ただ生え際のニキビが気になって、ついつい前髪で隠したいという人もいると思います。このような場合、帰宅後に前髪を意識して上げるようにしましょう。

 

そして、就寝時においても常に前髪を上げた状態にし、清潔な枕を使用するように心がけてくださいね。
枕や枕カバーは意外と汚れやすいので、ニキビを作るのに絶好の機会となりますので、こまめに取り替えてください。

 

暑い時期にはおでこから多量の汗がかきやすくなりますが、汗自体にたくさんの雑菌が含んでいるので、前髪と共に触れるとニキビが悪化します。
こまめに汗を拭くなどのケアも大切ですね。

 

 

生え際がかゆいのはニキビのせい?

生え際がかゆくてたまらない人っていませんか?かゆいのはお肌が乾燥しているから?
それもそうですが、生え際にニキビがありませんか?

 

生え際ニキビはかゆみを伴うこともあります。生え際は普段から前髪や整髪料、シャンプー、ホコリなどの刺激を受けています。
その刺激によって、生え際の部分にかゆみが起きます。

 

さきほど説明した前髪で隠すのも刺激要因となりますね。

 

注意したいのが、ニキビに似た症状がある脂漏性湿疹
これは肌の常在菌である真菌が過剰に分泌された皮脂によって分解され、炎症をこしてしまうものです。

 

脂漏性湿疹の症状の一つに、かゆみを伴うことがあります。

 

驚くかもしれませんが、なんとカビによってかゆみが起こることもあります!カビの原因となる癜風金(でんぷうきん)は人間の皮脂を食べて成長するため、癜風金が活発になると、フケやかゆみの原因になります。

 

ニキビや脂漏性湿疹、カビを防ぐには、清潔にすることのほかに、頭髪の乾燥も重要です。生乾きのままでいると、頭皮で菌が活発になり、かゆみの原因になります。

 

かゆみが原因で、無意識にカリカリと掻いたりすると、生え際の部分に髪の毛、つまり抜け毛の原因にもなるのです!
かゆみを防ぐには、何と言っても頭髪の乾燥を引き起こさないことです。

 

生え際の皮膚はデリケートな部分なので、前髪やシャンプーなどの外的刺激を避けるだけではなく、精神的な刺激を避けることで軽減することができます。
生え際の部分がかゆい!と思ったら、どういう状態なのかを見極めてみてくださいね。

 

いくらかゆいからといって、闇雲に掻くのは絶対に避けてください!でないと、M字ハゲにつながりますから。

スポンサーリンク