つむじハゲの原因は?

つむじハゲの原因は?

 

数あるハゲの種類の中でも、つむじから髪の毛が後退していくことをつむじハゲと言います。

 

つむじハゲは基本的には、男性型脱毛症という脱毛症の種類に分類されるものなのです。
そのつむじハゲの原因とはいったい何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

つむじが薄いのは加齢が原因?

つむじハゲの原因は、年齢を重ねるごとにどんどんと髪の毛に大切な男性ホルモンの中のテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されていくことが原因と言われています。

 

もちろん、このホルモン変換はつむじハゲだけではなくて髪の毛全体の後退につながっていきます。
薄毛に悩む原因は、この年齢による男性ホルモンの変化にあったのです。

 

簡単に言ってしまうと、つむじハゲの原因は加齢となります。

 

こんなデータ報告があります。
加齢により気になる点は何ですか?」という問いに対しての返答が次の通り。

 

1位 
2位 肌
3位 お腹

 

ご覧のとおり、多くの男性陣が気にかける変化とは””でした。
想像通りですよね笑

 

ハゲは老化現象の一つだと思えば、それはそれで気が楽かもしれませんが、やはり外見は誰しも気になると思います。
なかでもつむじ部分が薄いと、将来的にハゲる可能性が高いでしょう。

 

とはいっても、もちろん20代のうちからつむじハゲなどの薄毛に悩まされる男性も多いので、老化現象以外の原因があるわけですね。
※関連記事→10代,20代でもつむじハゲが多い!

 

つむじハゲの原因が加齢でないとすれば、もしかしたら別の原因が潜んでいるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

加齢以外のつむじハゲの原因は?

原因としてよく挙がるのは、AGA。
AGAのCMや雑誌などで目にする機会が増えてきたおかげで、「お前もAGAじゃねえの!?」とツッコマれる有様に…。
でもAGA普及により、つむじハゲに悩む男たちが立ち上がって治療や改善に努めることは喜ばしいと思います。

 

つむじハゲができる原因はいろいろなものが複合して起きていると考えられています。
大きく分けると、次の5つの原因があります。

ストレス
睡眠不足
喫煙
血行不良
遺伝

 

まあ、どれも頭皮に関連するものばかりで当たり前といえば当たり前ですな。
1つずつ簡単に説明したいと思います。

 

ストレスが原因

ストレス社会に身をさらしていると、日々ストレスを感じますよね?
ストレスを感じると頭皮は硬くなるのです。そのため血行の流れが悪くなり、毛髪へと酸素が十分に行き届かずに抜け毛や薄毛を招くのです。

 

睡眠不足

睡眠を十分に確保できないと毛髪への負担が大きくなり、当然、毛髪にダメージを与えることになります。

 

「よく寝る子は育つ」という言葉があるように、睡眠中にどんどん成長ホルモンが分泌されますよね?
ところが大人になると寝る時間がバラバラで、成長ホルモンが分泌されません…。

 

喫煙

喫煙しない人は大丈夫だけど、ヘビースモーカーの人は要注意!
煙草は体によく似ないということ誰もがご存じのはずですが、煙草をやめられずに、ついつい吸ってしまう人も多いと思います。

 

喫煙がなぜ頭髪に悪いか?それは煙草は血流を悪くさせ、そして、血液を汚してしまうからです。
その結果、十分な酸素を毛髪に送ることが困難となり薄毛や抜け毛に結びつきます。

 

血行不良

血行不良になると、毛細血管に血液が流れにくくなります。
毛髪は毛細血管から栄養などを得ていますので、血行不良になれば薄毛や抜け毛となります。

 

遺伝

遺伝の影響が指摘されています。
進行パターンとしては、髪の生え際や頭頂部の髪の毛がどんどん薄くなってくるというパターンがよく見られるようです。

 

以上がつむじハゲになる原因を挙げたが、すべてAGAとは限りません。いずれにしろ、これらは身体の異常でもあり、すなわちSOSサインです。

 

自分の普段のライフスタイルなども含めて今一度見直してみましょう。

 

 

肉類や甘いものばかり食べる20代の人は注意?

まだ若い人はさすがに加齢が原因でつむじがハゲるのは言い難いと思います。
考えられるのは、やはり普段の食生活でしょう。
ファストフードとかレトルト食品、ケーキなど甘いものなど好んで食べていませんか?

 

野菜ではなく肉ばかり食べて、最後の仕上げにケーキもガンガン食べる人は、要注意です!
実は、肉とケーキの組み合わせがつむじハゲを進行させる要因なのです。

 

肉はタンパク質が多く含むけど、脂肪やコレステロールもたくさんあります。
それが頭皮の皮脂を過剰に分泌させて毛穴に汚れが溜まりやすくなり、結果、抜け毛につながります。
ましてや中性脂肪もあるので、血液がドロドロになり頭皮への栄養分が行き渡らなくなります!

 

一方、ケーキのようなデザートには糖分がたくさん含まれていますよね?
実は、糖分も脂肪と同様、皮脂の過剰な分泌や血行不良を招き、抜け毛やフケの原因になります。

 

したがって、肉類とケーキの組み合わせはつむじハゲを進行させる要因となるので、なるべく摂らないように気をつけてくださいね。

 

 

加齢が原因なら対策は困難?

老化現象は自然によるものですから、どう対策を講じても元に戻すのは不可能です。
完全に戻すのは難しいけど、エイジングケアを心がけておけば老化現象を緩やかにすることができるはずです。

 

つまり、つむじが薄くなり始めたらエイジングケアを適切に行えば、ハゲへの進行を食い止める、あるいは遅らせることだってできると思います。
生活習慣や遺伝など、さまざまな要因が重なって出来てしまうつむじハゲなのですが、防げるものなら防ぎたいものですよね。

 

最近では、つむじハゲ用の育毛剤や医療技術がどんどんと増えてきたので、つむじハゲを隠したり改善していく方法も増えています。
けれども、一番はつむじハゲが出来る前から事前に徹底ケアをして、つむじハゲになる原因を取り除くことが大切なのではないでしょうか?

 

つむじハゲに悩む前からしっかりとケアをしてけば、髪の毛に気を使った生活を送れば、つむじハゲは防げる可能性があるのです。

 

顔はどの部分も人の目にさらされています。
つむじハゲだって例外ではないけど、あまり心配すると、それがストレスとなってさらに状態を悪化させることになります。

 

ともかく身体の声を聞きながら、少しでもストレスを減らして健やかな毎日を送りたいものですね。

 

スポンサーリンク