オイルで頭皮かゆみをケア!

皮脂に近いオイルで頭皮のかゆみ予防を

 

オイルで、頭皮かゆみケアする人が、ここ最近、増加傾向にあります。なぜ、オイルにこだわっているのでしょうか?

 

このページでは、頭皮のかゆみを抑えてくれるオイルについて、簡単に説明します。

 

スポンサーリンク

乾燥が原因でかゆみが?

冬場に皮膚が乾燥してくると、かゆみが出てくると思いますが、それが頭皮のかゆみと同じものなのです。特に乾燥肌の人は皮膚一枚で作られているので、頭皮も乾燥しやすい状態になっていると思います。

 

頭皮のかゆみを抑えるためには、頭皮の乾燥を防がなければなりません。

 

オリーブオイルを頭に付けるなどの、外部からの対策はすぐに効果が出てきます。
また、頭皮の保湿力を高めるための栄養を摂ることもいいでしょう。この場合は体内からの改善になりますから、短期間での効果を期待することはできません。

 

しかし、体質を改善することができれば、抜本的な対策となります。

 

お肌のお手入れでよく聞くでしょうが、コラーゲン不足を補うことも大切です。頭皮のコラーゲン不足が乾燥となっているのでしょう。
食生活の改善や新陳代謝を高めることが、乾燥肌を防ぐことにつながります。頭皮のかゆみを放置しておくと、薄毛や抜け毛の心配をしなければならなくなります。

 

 

なぜオイルがかゆみに効く?

オイルの種類によるけど、保湿効果や頭皮の皮脂や汚れの除去、育毛や抜け毛の対策など、頭皮トラブルを抱えている人には嬉しい効果がたくさんあります。

 

頭皮のかゆみを引き起こすのは乾燥や皮脂の汚れが原因なのですが、シャンプーで必要以上の皮脂を取り除くと乾燥してしまい、かゆみが引き起こされることがあります。
皮脂を取り除き過ぎると、身体が「なんとか皮脂を出さないと!」と反応し、皮脂が感情に分泌されて、かゆみを引き起こすこともあります。

 

そして洗髪が上手くできていないことで、皮脂の汚れがたまり、かゆみが出ることも多いです。髪の毛は洗えているけど、頭皮自体をキレイに洗えていないことが多いのです。たとえ高価なシャンプーでも洗い方が悪いせいで、せっかくのシャンプーの効果を発揮していないものです。

 

最近では、オイルを洗髪前に塗布し頭皮マッサージによる汚れを浮かせてからシャンプーするなど対策を取る方が増えています。オイル使用で適度な皮脂を浮かして落とすだけでなく、かゆみを引き起こさないように適度な皮脂を残してくれるのです。

 

かゆみの予防だけでなく育毛効果や抜け毛予防、ツヤ出しなど多くのメリットもあるので、オイルの正しい使い方さえ注意していれば、丁寧なケアができます。

 

 

頭皮のかゆみに良いとされるオイルの種類は?

どのオイルでも大丈夫かなと思いますが、頭皮用またはスカルプケア用と表示されているオイルであれば問題なく使えると思います。できれば使用目的を明確化にしてから、確実でかつ丁寧なケアができるはずです。

 

ここでは、かゆみやフケへのスカルプマッサージとして使われる代表的なオイルを以下のように挙げてみました。

椿油
馬油
スクワランオイル
ひまし油
オリーブオイル

 

一般に植物性オイルであれば頭皮へのダメージが少なく、マッサージしやすいでしょう。

 

他にも探し出せば出てきますが、大切なことは人の皮脂に近いオイルを使うことです。
皮脂に近いオイルであれば、汚れや皮脂が溶け出して浮かび上がりやすいからです。

 

なかでも椿油は頭皮の皮脂に最も近いとされています。
椿油に含まれるサポニンという成分が、天然の界面活性剤として頭皮や毛髪に付着した整髪剤も溶かしてくれるので頭皮をリセットできます!しかも刺激の低い植物オイルなので、赤ちゃん向けのマッサージからお肌が過敏な方まで幅広く使えるのが特長です。

 

肌に合ったオイルを使って自宅にいながらのスカルプケアで頭皮のかゆみを抑えてみましょう。

 

 

オイルを使ったマッサージ方法

オイルを使ってのマッサージの目的は、オイルを頭皮全体になじませて頭皮の皮脂や汚れを浮かび上がらせて洗い流すことです。
もし、あなたの頭皮がベタベタしてて、かゆみが伴うのであれば、「スカルプケアを行いましょう」というサインです。

 

オイル使う前に、まずアレルギーの有無を確認するためのパッチテストを必ず行ってください。

 

オイルを使ったマッサージ方法

@スカルプケア用のオイルを乾いた頭皮に塗布する。
20〜30mlが1回に塗布する量の目安となるので、指腹で頭皮の全体に薄く伸ばしてください。

 

A指腹で頭皮全体を押す。
特に汚れが溜まりやすいスポットである「額の生え際」や「うなじ」を念入りにマッサージします。
円を描くように気持いい位の力加減で頭皮を動かすようにマッサージすることです。

 

Bタオルを水で濡らして電子レンジでチンする。
蒸したタオルで毛髪を含めて頭皮をしっかりと巻きつけます。できることなら2枚重ねたほうがより効果的です。

 

Cバスタオルを用意して頭皮を巻いて蒸す。
美容院で見かけるラップやシャワーキャップなどでもいいでしょう。蒸していくことで、スチーム効果が格段とアップ!

 

D暫く5〜10分間待機。その間に肩や首を回すなど血行を良くする。
肩コリのひどい人は、頭皮への血行が悪くなりますからね。

 

E自分の頭皮に合ったシャンプーを用いて2回ほど洗髪する。
1回目は頭皮全体を優しく揉むように、2回目では頭皮全体をマッサージするように行うと、毛穴に詰まった毛穴や皮脂をキレイに洗い流すことができます。

 

頻度は月に1〜2回ケアを行います。
オイルの力でマッサージが行いやすくなるだけでなく、地肌に栄養が吸収されることも効果があります。

 

まだオイルでのスカルプケアを試していないのなら、これを機に頭皮をリセットしてみては?

 

スポンサーリンク